オレンジの香りいっぱいの〔ふんわりパン・ド・ミ〕


2オレンジジュースで作ったふんわりパン・ド・ミです。

やっぱりパン・ド・ミは美味しい!

パン・ド・ミは何も入れなくてもパン自体がとっても美味しいのです。他のコースを色々試していますが、やっぱりパン・ド・ミがいい!
皮も身もすごく美味しく出来るんですよ。
パン・ド・ミについての記事はこちらからどうぞ

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕にはパン・ド・ミコースが3つあります。
標準・ふんわり・もちもちの3コースです。今回はふんわりパン・ド・ミコースで焼いてみました。

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕の記事はこちらから

水の代わりにオレンジジュースを使って

この間買ったオレンジジュースが余っていたので、これを使うことにしました。
水を入れる代わりにオレンジジュースを使うのです。実は今まで水の代わりにジュースなんて作ったことがなかったのですが、出来上がったらほんのりオレンジの香りがして美味しいんですね。
オレンジづくしでオレンジピールも入れてしまいました。パン・ド・ミということもあって、とっても美味しかったので、ご紹介します。

スポンサードリンク

材料

強力粉200g
薄力粉50g
バター20g
スキムミルク大1
小1
ドライイースト小1/2
オレンジジュース180g(ml)
オレンジピール80g

作り方
1.オレンジピールの他の材料をケースに入れる。
2.メニュー「2」で、レーズンあり、手で入れる、粗混ぜを選択してスタート。
3.途中で具材の投入する合図があったら、蓋を開けてオレンジピールを入れ、スタート。
4.5時間後出来上がり。
1

ふかふかのオレンジパン

触るとふかふかしています。少し冷めてから切ってみます。

2オレンジピールが所々見えます。大きな気泡が出来るのがパン・ド・ミの特徴です。この気泡が食べた時にサクサクとしてすごく美味しいのです。
水でなくオレンジジュースを使って焼いたのでオレンジの匂いがしてすぐにでも食べたくなってしまいました。
野菜ジュースで作ったらどんな味がするんだろう? トマトジュースでも出来そう。

パン・ド・ミを作る粉について

最近気がついたのはパン・ド・ミを作るときは強力粉を少なくとも200gは入れる必要があるみたいです。
ですから全粒粉のパン・ド・ミを作るときは強力粉200g,全粒粉50gにするなど、最低200g入れないと本来の美味しいパン・ド・ミにならないようです。
多分、グルテンが多い方がパン・ド・ミの特性を生かせるんだと思います。私が勝手に分析しているんですけどね。
レシピを見ているとそんな感じがします。強力粉200gを守っていれば他の材料をアレンジしてもパン・ド・ミの特性は生かされるようです。
今回ふんわりパン・ド・ミを作りましたが、強力粉に薄力粉を混ぜています。
柔らかいパンを作りたいときは、強力粉に薄力粉を少し混ぜると良いようです。これはパン・ド・ミに限らず普通の食パンにもいえるようです。
強力粉だけだとグルテンが強すぎて、食感が固くなってしまうのかもしれません。そこに薄力粉を少し混ぜてやることで、生地が伸びるのかもしれません。
では全粒粉やライ麦パンを作るときに強力粉と薄力粉を混ぜたらどう変化するのでしょうね。実験してみたくなりました。
パン作りって奥が深いですよ。レシピ通りにするだけじゃあ面白くありません。色々試している内に小麦粉の性質なども分かってくるからやればやるほど奥が深いのです。

 

パナソニック ホームベーカリーSD-BMT1000-T ブラウン

⇒お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です