家庭菜園のアイデア

家庭菜園・ガーデニング

さつまいもつる

スポンサーリンク

狭い庭でも家庭菜園は出来る

我が家の庭は決して広い方ではありません。でも幸いなことに角地で日当たりが良いので、植物には適しています。以前は私が花と花木を中心に育てていましたが、夫の定年退職をきっかけに花を縮小して、家庭菜園を始めました。と言っても、ほとんど夫がやっていますが(^_^;)

その狭い庭で、多くの作物を収穫しようと欲張ってみた結果、ちょっと変わった方法を編み出しました。それは米の袋を利用するのです。

米の袋がプランター替わりに!

さつまいも袋米が入っていた袋をプランターとして利用します。袋の下に穴を開けて土を入れ、苗を植えます。上の写真はさつまいもの苗です。こうすると場所を取らずに色々な苗を育てることが出来ます。通常ならいも類の”つる”は地面をはいずっているのですが、狭い庭だとそんなスペースがありません。

そこで、考えたのが上に”つる”を伸ばす方法です。米の袋は深さがあるので、土を沢山入れることが出来ます。苗の入った袋を幾つか作り、上につるを伸ばして倒れないように支柱を立てます。

さつまいもつる狭い庭での一アイデアをご紹介しましたが、いかがでしょうか。プランターを使うだけでなく、身近な物を利用して家庭菜園をするというのもエコにも繋がりそうですね。

サツマイモ苗 紅はるか (切り苗10本入り) 春植え苗

 

コメント

  1. […] ⇒袋栽培の記事はこちらで […]

  2. […] ⇒サツマイモの袋栽培についての記事はこちらから […]

  3. […] ピーマンがもう成っています。初め虫に葉を食べられていましたが、復活してちゃんと実が成りました。これは袋栽培で育てたピーマンです。 袋の中でも立派に育つんですよ。 ⇒袋栽培についての記事はこちらから […]

タイトルとURLをコピーしました