アーモンドプラリネの珈琲ロールパン


スポンサードリンク

生地にアーモンドプラリネを巻き込んで、珈琲味のアイシングをかけたおやつにもってこいのパンです。

パン作りにアーモンドは合いますね!

パンやお菓子にアーモンド類を入れると格段と味が良くなります。
アーモンドチョコレートってとっても美味しいですよね。アーモンドチョコレートの中に入っているのはホール状のアーモンドです。
アーモンドそのものの実ですね。

一口にアーモンドといってもいろいろで、ホール状のもあれば、粉にしたもの、粒状にしたものなど様々です。
ホール状のアーモンドは生のものとローストしたものとがあります。
パン作りに使う時、生よりローストした方がよりアーモンドの香ばしい香りが味わえます。

ちょっと面倒ですが、生のアーモンドをオーブンでローストする方が、初めからローストされているよりずっと香ばしくなります。
今回使うのは粒状になったアーモンドプラリネという素材です。
これは、皮つきのアーモンドと砂糖を使用してカラメル化し、砕いたものです。

スイーツやパンのトッピングとしてパラパラと振りかけると香ばしく美味しくなります。

→アーモンドプラリネ / 100g

これを生地にバターと一緒に巻き込んでいきます。想像しただけで、美味しそうではありませんか?

スポンサードリンク

アーモンドプラリネの珈琲ロールパン

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕で焼いています。
パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕の記事はこちらから

材料

中力粉(リスドォル)*強力粉でもOKです。この場合は強力粉100g、薄力粉50gとなります。150g
小1
砂糖大1
牛乳105g(牛乳と卵合わせて105gです)
1個(照り用に少し残しておきます)
バター15g
ドライイースト小1
フィリング
アーモンドプラリネ30g
バター12g
アイシング
粉糖60g
小2
インスタントコーヒー小1

 

作り方

1.ドライイースト以外の材料をケースに入れます。
2.ドライイーストはイースト容器に入れ、メニュー「20」でスタートします。
3.生地が出来上がったら、丸めて濡れ布巾をかけ、12分休ませます。

4.生地を休ませている間にマフィン型にショートニングを塗っておきます。ショートニングは予め冷蔵庫から出しておかないと塗りにくくなります。

成型は必ずしもマフィン型を使わなければならない訳ではありません。型がなくても出来ます。
私は最近マフィン型を購入したので、利用しています。形がきれいに出来るのと、こういうロール型は形が崩れやすいので重宝しています。
型がない場合は、マフィン型のアルミカップでも良いと思います。

5.ベンチタイムが終わったら、麺棒で伸ばします。

6.バターを塗り(バターも予め冷蔵庫から出しておきます)、アーモンドプラリネを散らします。

7.下からクルクル巻いていきます。巻き終わりをきちっと閉じます。

8.包丁で6個に切ります。

9.マフィン型にロール状になった方を上にして置きます。

10.残しておいた卵をハケで塗り、190度に予熱したオーブンで15分程焼きます。

11.焼けたら網の上で冷ましておきます。

12.アイシングを作ります。インスタントコーヒーをお湯で溶きます。
粉糖を加え混ぜます。
13.パンが冷めたら、アイシングを上からかけます。

 

本当はアイシングがもっとドロッとするはずだったのですが、足りませんでした。たっぷりかけた方が美味しく見えると思います。
アーモンドプラリネがとっても美味しかったですよ。
ぜひ作ってみて下さいね。

→お菓子・パン作りの総合サイトcotta

→お菓子、パン作りなら【TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ】

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です