桜餡とクリームチーズも美味ですよ!


スポンサードリンク

桜餡だけのパンも美味しいけれど、クリームチーズを入れると尚美味しくなります。

クリームチーズが入ると何故か美味しくなる!

生地に練り込むのではなく、中身として包んで焼くと、どんなパンでもすごく美味しくなるから不思議です。
最もチーズが嫌いな人には「何を言ってんだ!」と怒られるかもしれません。
私がクリームチーズを好きだからこんなことをいっているんですけれどね。

もともと、チーズケーキが大好きなこともありますが、ちょっと酸っぱみのあるクリームチーズってそれだけでも美味しくないですか。
それをパンに挟むのだから美味しくならないはずがありませんよね。
最近、パン屋さんでもクリームチーズを入ったパンをたくさん見かけるようになりました。

それだけクリームチーズが好きだという人が多いということかもしれませんね。
クリームチーズとクルミクリームチーズとイチジククリームチーズとドライクランベリーとか想像するだけできっと美味しいだろうなあと思ってしまいます。

今回はそんなクリームチーズを桜餡と一緒にしたらどんなだろう。洋と和、一見合わなそうな気がしますが、どうしてどうして以外といけるんですよ。
クリームチーズは予め室温に戻して柔らかくしておきます。容器に入れてヘラなどでよくかき回し、マヨネーズのようにしておくのがコツです。
それを絞り袋に入れて使います。ちょうどマヨネーズみたいに。

 

スポンサードリンク

桜餡とクリームチーズのパン

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕で焼いています。
パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕の記事はこちらから

材料

強力粉200g
バター12g
砂糖大1
 塩小1
 スキムミルク大2
 水130g
桜プラス小2
ドライイースト小1
桜餡180g
クリームチーズ40g

 

桜プラスを少し入れると生地がピンク色になってより春を感じられます。

桜プラスについてはこちらも

作り方

1.ドライイースト、桜餡、クリームチーズ以外をケースに入れます。
2.ドライイーストはイースト容器に入れ、メニュー「20」、レーズンなしでスタートします。
3.生地が出来上がったら取り出し丸めます。

4.丸めたら12分ほど生地を休ませます。濡れ布巾をかけて乾燥させないようにします。

5.休ませたら麺棒で伸ばし、桜餡を伸ばします。端まで塗らずに少し残しておきます。

6.三つ折りにします。

7.反対側も折ります。

8.3辺を閉じておきます。

9.スケッパーで6等分に分けます。

10.平らにしてから3つ切れ目を入れます。

11.真ん中にクリームチーズを絞り袋で出します。

12.ねじってくるっと回します。餡がはみ出てあまり上手に出来ませんが。

13.こんな感じでしょうか。ちょっと餡子がはみ出していますが・・・・・

 

14.輪の中にはとてもじゃないけど入れられませんでした。餡子がでてしまって・・・・
端っこを閉じておしまいにしました。生地が柔らかいので成型はしにくいです。このまま2次発酵させます。

15.二回りくらいに大きくなったら、180度に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。焼く前に桜の花塩漬けがまだ残っていたのでのせて焼きました。

16.出来あがりです。

桜餡だけの時よりもクリームチーズが入ると和と洋のミックスのようで、とても美味しいですよ。
桜餡に続いてこちらもお試し下さいね。

→極上 桜あん / 300g

→お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です