ホシノの天然酵母種で食パンを作る【ホームベーカリーを使って】


tennenkoubopan5

この間、天然酵母の元種を作ったので早速それを使ってパンを作ってみました。

24時間掛かって出来た元種を使う

元種を作るのに24時間。とてつもない長い時間です。この元種を作るだけでも時間がかかりますが、さらにそれを使って食パンを作るとなるとまたまた時間がかかるのです。
7時間もかかるんですよ。だから元種と食パンで31時間かかるということなんです。
こんなに時間がかかる天然酵母パン、これで美味しくなかったら嫌になってしまいますよね。
店頭で販売している天然酵母パンもそんなに手がかかっているんでしょうか?
もしそうなら値段が高いのも納得です。
さて、そんな24時間掛けて出来上がった天然酵母パン種を使って食パンを作ってみました。

天然酵母元種の記事はこちらで

スポンサードリンク

天然酵母パン種の食パン

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕で焼いています。
パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕の記事はこちらから

材料と作り方

材料

 強力粉 300g
 砂糖 大2
 塩 小1
 水 180g
 元種  大2

 

作り方

1.パンケースに元種を入れる。予め作って冷蔵庫に保存しておいた天然酵母元種です。良くかき混ぜてから使います。

tennenkoubopan1

 

2.強力粉、砂糖、塩、水を入れます。粉は中心を高く、水はその周りに注ぎます。

tennenkoubopan2

 

3.メニュー「22」、今回は追加材料がありませんので、レーズンなし、焼き色標準にセットしました。焼き上がりに時間がかかるので、タイマーをセットしました。

tennenkoubopan3
寝る前にセットしておけば、明日の朝には出来上がっています。7時間かかります。

7時間掛かって出来た天然酵母パンの味は?

さて、とっても手間のかかる天然酵母パン、どんなパンなのでしょう。

tennenkoubopan4

 

見た目は普通のパンと変わりはありません。

tennenkoubopan5

カットしても普通ですね。

tennenkoubopan6

見た目はいたって普通なのです。ところが、食べると違いが分かります。まず、イースト独特の臭みが全然ありません。ドライイーストはどうしてもイースト臭さが残ってしまいます。
これは具材を何も入れないプレーンな食パンにするとすごく分かります。そして自然な甘さがあるのです。
とっても美味しいのです!

tennenkoubopan7

最近のホームベーカリーはドライイーストでもかなり美味しく焼けるのですが、天然酵母種を使うと、さらに木目の細かい自然な甘さがあるのです。そしてイースト菌の匂いや臭みがまるっきりないのが大きな特徴です。
この酵母種を使うとちょっとドライイーストは使いたくなくなりそうです。とはいってもとっても手間がかかるので、年中作るわけにはいかず、簡単に使えるドライイーストを使ってしまいますけどね。
ただホームベーカリーでパンを作っているという方は一度は天然酵母種に挑戦しても良いのでは?
私もやっと使うことができました。今は通販でいろんな材料が手に入る時代です。
ぜひ、天然酵母生種を購入して、元種を作り、天然酵母パンを作ってみてくださいね。

⇒〈冷蔵〉ホシノ天然酵母パン種 500g

パナソニック SD-BMT1000 ホームベーカリー(1斤タイプ)

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

1 comment for “ホシノの天然酵母種で食パンを作る【ホームベーカリーを使って】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です