リレーアタック対策グッズ

スポンサーリンク

スマートキーは便利だけれども・・・・

リレーアタックってご存知でしょうか。
車のキーの電波を読み取って、勝手にキーを作成してしまうという犯罪です。
最近このような被害が続出しているらしいです。

確かに今の車はバッグにキーを入れたまま、あるいはズボンのポケットに入れたままロックの解除や施栓が出来てしまいます。
それはそれですごく便利で私も利用しているんですけど。
すべて電波で行っているため、電波を盗まれるといとも簡単に解除されてしまうという危険性があるんですね。

つい最近でもテレビでリレーアタックの事を報道していました。
家に置いてあるキーまで電波を盗まれるなんてどれだけ頭の良い犯人なんでしょう。
高価な車がそんな風に電波を盗まれて勝手にキーをコピーされたんじゃたまりませんよね。

いくら警報器を取り付けていても何にもなりません。
警報器はいつもと違うロック解除をした場合になる仕組みになっていますから、コピーキーを作られたらおしまい。
解除されてしまいます。

普通、電波のキー、いわゆるスマートキーとかいうものですが、合いかぎを作る場合、ディーラーに持っていかなければ作れません。
パソコンで登録をしたキーだけが使えるようになっているからです。
この電波のキーは水に濡らしたりすると使えなくなってしまいます。

以前、ズボンのポケットにキーを入れたまま洗濯機に入れてしまったら使えなくなってしまいました。
小さくてポケットに入るので施栓した後、出さなかったためです。
こうなったらディーラーに行って新しいのを作成してもらう他ありません。

再度登録しなければいけないので手間もお金もかかります。
そして2個あったら2個とも登録し直しなのでかなり金額も張りますよね。
そんな面倒でお金がかかる行為を電波を盗むだけでコピーキーを作ってしまうなんて凄いです。

な~んて感心している場合ではありませんね。
私達はこういう被害にあわないように対策をとらなければいけません。

リレーアタックを遮断するには

ではどうすればリレーアタックから大事な愛車を守ることが出来るのでしょうか。
これが案外簡単な方法で遮断することが出来るのだそうです。
空き缶に入れる方法もあるらしいのですが、完璧ではないとのことです。

一番遮断する方法として、炭素繊維の袋にいれることだそうです。炭素繊維が電波を遮断するそうです。
そこで、Amazonでリレーアタックで検索した所、あるある、一杯出てきました。
関心の高さを感じますね。

キーが入るくらいなので、小さくてOKですよね。
ただ、余り小さいと今度はケースからキーを取り出しにくいということがあります。
そこはほどほどにということですね。

電波を発する物といえば、スマートフォンもそうですよね。よくスマートフォンとキーを同じ場所に置いてはいけないとか言われます。
まあ、バッグの中は狭いですからどうしても近くに置かざるをえませんけれど。
あっ、家の中だけでなく、外にいて「ピッ」とする時に盗まれることもあるようですよ。

施栓した後、電波がその辺りに残っているのでそれをキャッチすることもあるそうです。
最もそれを行うには最低二人は必要らしいので、駐車場などで、こそこそやっていれば目立ちますよね。特に昼間は。
ですから、昼間の外ではそれ程心配ないかもしれません。

駐車場以外の場所に停めていると被害に合う可能性はありますけれど。
一番危険なのは夜ですよね。自宅の車庫に停めていても夜はやはり危ないです。
便利になればなるほど、新手の犯罪が現れる。

これはいたちごっこで仕方ないのかもしれません。
でも簡単なしかも手軽な金額で防ぐことが出来るのです。

Amazonで購入

今回購入したリレーアタックグッズですが、Amazonで1199円でした。しかも2つです。

 

単に炭素繊維が内側に貼ってある袋に入れるだけなんですけれど、見た目や大きさなどから様様な種類があります。
ご自分の好みで選べば良いと思います。


この銀色が張ってある場所にキーを入れます。他の所に入れても効果はありません。
因みにケースに入れた状態で施栓しようとしたら出来ませんでした。効いているみたいです。

チェーンが付いていますので取り出す時にも便利です。多少大きいかなとは思いますが、もっと小さいのもあるようですから探してみればよいかと思います。
自宅に保管する時はこのケースに入れて置けば安心ですよね。
ぜひ、大切な愛車を守るためにもリレーアタックのケースにキーを閉まっておかれるようお勧めいたします。

 

moofun スマートキー 電波遮断ポーチ カーセキュリティ ブロッキングポーチ リレーアタックによる車の盗難防止 防犯対策 スキミング防止 高級皮革 カーボン調 ブラック (2個セット)

コメント

タイトルとURLをコピーしました