災害や緊急時に重宝!長期保存食は尾西・サタケのアルファ米


2014/10/21

保存食

 

災害に備えて、3日分の食料を家族の分だけ購入。

永く保存できる保存食

最近大地震や、竜巻や、大雨、土砂崩れ、火山の噴火など地球環境が大きく変化してきました。

いざという時のために最低3日分の食料と水は必要だと思い、購入しました。

以前大震災があった際、震源地ではないんだけど、食料がなくて困りました。皆さんも同じような経験をされていると思いますが。この時、普段から食料の蓄えの必要性を知りました。

店に行っても棚から食料が消えているし、主食の米やパンすらない。それでは麺類にしようかと思ってもそばやうどん、スパゲッティもない。カップラーメンもない。ビックリしました。こんなの初めてでした。

スポンサードリンク

食べ物のありがたさをしみじみ感じました。今、安定している時期に食料や水、災害に必要な物を揃えておこうと購入したのがこの保存食。約5年は持つそうです。

我が家は2011年に購入したので、2016年まで保存できます。種類によって保存期間は若干違うようですので、HPで確認して下さいね。

⇒<楽天>あんしんの殿堂防災館

こんなにいろんな種類があるなんて購入するまで知りませんでした。「カンパン」くらいしか置いてなかったので。

アルファ米といって、宇宙食にもなっているそうです。水またはお湯を注ぐだけで、簡単に食べられるんですよ。

アウトドアをされる方にも好評らしいです。

使い方は開いてスプーンを取り出し、茶碗の様にします。底が立てられるようになってますので、お湯又は水を注ぎます。

水の分量を変えることによってご飯の硬さが調節できます。多く注げば「リゾット」になるんです。高齢者やお腹をこわしている時など便利です。

写真にもあるとおり、わかめご飯やピラフ、おかゆ、五目御飯、牛丼など、飽きないように種類がたくさんあります。

以前試しに食べてみました。すごくおいしいという程ではありませんが、緊急の時なので、贅沢は言ってられません。空腹でいらいらするよりよっぽどいいと思います。特に小さな子供さんや高齢者がいらっしゃるお宅は何か食べられる物を常にストックしておいた方が良いと思います。

飲み水も必要ですね。我が家は2Lのペットボトルを箱ごと購入して置いています。軟水が良いと言われていますから、普段からストックをしておいたほうがいいですね。

通販で手に入りますから、日頃から備えておくといざという時心強いのではないでしょうか。通販も緊急時は品切れになってしまいます。

⇒<アマゾン>防災のサイボウ

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です