シナモンロールパン【ホームベーカリーを使って】


sinamonro-ru8

今回はパン生地にシナモンを入れて再度焼くというロールパンを作ってみました。

ケースから取り出したパン生地を成形して戻す

以前、メロンパンを作る時に生地をケースから一度取り出し、成形後に再度セットして焼き上げるということをやりました。
このホームベーカリーは途中で開けて再度戻して焼くことが出来ます。但し、いつでも開けてよいということではありません。
メロンパンや今回のシナモンロールのようにパン生地が出来上がった時点で、すぐに取り出して簡単に成形して戻すという少しあわただしい作業が必要です。
ですからあまり凝ったパンは出来ないのです。今回のように4つ位に分けて生地に詰め込んですぐにケースに戻さなければなりませんから。
前もってある程度準備も必要になります。

ですが、以前のホームベーカリーみたいに一旦動き出すと絶対に開ける事が出来ないという機種に比べれば何とアレンジがきく機種なんでしょう。
食パンに飽きた時などたまにはこんなパンも良いのではないでしょうか。
ホームベーカリー一つでこんなパンも出来てしまうのだから進歩してますよね。
ただ、ケースの中で分けたパンどうしが又くっついてしまいますから、取り出した時にカットして食べることになります。
それでもいつもとは違ったパンが味わえるので新鮮でいいですよ。

スポンサードリンク

シナモンロール

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕で焼いています。
パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕の記事はこちらから

材料と作り方

材料

パン生地

強力粉200g
バター15g
砂糖 大1  1/2
 スキムミルク 大1
 塩 小3/4
 卵(溶く) M1/2個
 冷水 110g
 ドライイースト 小1 1/4

巻き込み

ドライフルーツ(ラム酒漬け)

ドライクランベリー

85g
牛乳小1
シナモンシュガー適量

アイシング

粉砂糖25g
小1/2

 

作り方

1.パン生地を作ります。ドライイースト以外の材料をケースに入れます。
ドライイーストはイースト容器に入れ、メニュー「15」でスタートします。

sinamonro-ru1

2.生地が出来たら、取り出し、パン羽根を外します。ここで注意、「取り消し」は押してはいけません。
ここからは少し忙しくなります。成形は15分以内にしなければならないのです。ですので、写真を撮っている時間はありませんでした。(^_^;)
3.生地を伸ばして、縦15cm、横25cmにします。
4.手前から3/4の部分に牛乳を塗ります。材料がくっ付きやすくするためです。
5.ここにシナモンシュガーをふって、ドライフルーツとドライクランベリーを置きます。
6.手前からくるくると巻いていきます。
7.これを4等分に切ります。

sinamonro-ru2

8.切った断面を上にして、ケースに入れます。

sinamonro-ru3

9.蓋をしてスタートを押します。

sinamonro-ru4

10.出来上がったら取り出します。

sinamonro-ru5

11.温かい内に作っておいたアイシングを上からかけます。

sinamonro-ru6

”テリ”が出て、さらに美味しそうになりました。これを食べやすい大きさに分けて頂きます。

sinamonro-ru7

 

sinamonro-ru8

ちょっと甘くてシナモンの香りがするとっても美味しいパンに出来上がりました。そういえば、パン屋さんでこんなパン、見かけたことがあります。
ホームベーカリーだけで、出来てしまうのですね。

ぜひ作ってみてくださいね!

パナソニック【SD-BMT1000-T】ホームベーカリー(1斤タイプ)ブラウン

⇒お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です