ご飯パンにチーズとアーモンドを入れて【ホームベーカリーを使って】


 

amondochizu4

強力粉に冷めたご飯を入れるとしっとりした美味しいパンになるのですが、今回はそこにアーモンドチーズを入れたらどんな味に仕上がるのだろうかということで早速作ってみました。

普通ならアンマッチングな組み合わせ

パンにアーモンドチーズを入れることは良くあることですが、ご飯パンにアーモンドとチーズ? 果たして合うのか!
普通に考えると可笑しな組み合わせなのですが、以外とそうでもないんですね。
ご飯パンにすると、本来のご飯はどこへ行ってしまったのか、というくらいご飯そのものの味はしません。

ではご飯を入れるとどうなるか。
ご飯は元は米ですが、炊くとデンプン質になります。炊いたばかりのご飯はαデンプンが多く、ネバネバしていて甘味も大変強いです。
ところがだんだん時間が経つにつれαデンプンは劣化してβデンプンに変化していきます。こうなるとご飯も美味しくありません。

その冷めたご飯を又温めるとαデンプンが戻ってきます。ご飯パンはちょうどαデンプンに戻った状態になるのではないかと思います。
そのαデンプンに戻ったご飯と強力粉が上手く合わさって強力なグルテンが出てきてしっとりとしたご飯パンが出来上がるのでは、と考えています。

ご飯パンについての記事はこちらから

ですから、ご飯そのものの味はしないですが、デンプンのねっとり感は残っているのです。強力粉だけの時よりもしっとりした食感になるのはそんな理由からではないでしょうか。
ご飯パンというと何故かご飯の食感を思い浮かべてしまい、和風の具材でしか合わないような気がしますが、ご飯の味はしないのだから余り決め付けなくてもよさそうです。
今回、普通なら合いそうもなさそうなアーモンドチーズですが、以外と大丈夫でした。

最もいつものご飯にチーズアーモンドを入れて食べることを想像するとちょっと引けてしまいますけどね。
そういえば、ドリアなんてご飯の上にホワイトソースをかけてチーズをのせて焼きますから、案外マッチングしているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

アーモンドチーズご飯パン

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕で焼いています。
パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕の記事はこちらから

材料と作り方

材料

強力粉210g
冷ご飯200g
バター10g
砂糖大1
スキムミルク大1
小1
アーモンドプードル30g
粉チーズ大1
冷水120g(25度以上のため10g減らしてある)
ドライイースト小3/4

 

作り方

1.ドライイースト以外をケースに入れる。
2.ドライイーストはイースト容器に入れ、メニュー「8」、レーズンなし、焼き色濃でスタート。

amondochizu1

3.約4時間後、出来上がり。

amondochizu2

 

切ってみましょう。

amondochizu3

 

amondochizu4

 

切っていてもしっとり感が感じられます。

amondochizu5

 

生地はとってもきめ細かく、しっとりとした味わいがありました。粉チーズの香りが少しします。粉チーズは入れ過ぎないようにした方が良いです。
あまり多く入れると鼻につきますから、大さじ一杯くらいがちょうど良いと思いますよ。アーモンドプードルはちょっと入れるとほんのり甘味が出るようです。
砂糖を減らしたら代わりに入れると美味しくなります。
焼かないで食べるのもしっとりして美味しいのですが、トーストするとチーズの味がふわっとしてさらに美味しく食べることができました。
ぜひ、試してみて下さいね。

 

パナソニック【SD-BMT1000-T】ホームベーカリー

⇒アーモンドプードル(生) 500g

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です