ウインナーロールパン


ウインナーを巻いたパンです。本来はウインナーの周りに生地を巻き付けるらしいのですが、今回はもっと簡単にそれらしく作ってみました。

菓子パンの中でも人気が高い

ウインナーが入ったパンは子供から大人まで昔からずっと人気の高い菓子パンの一つですよね。
ちょっとお腹が空いた時などウインナーが入ったパンを食べると何故か子供の頃を思い出してとっても懐かしく思います。
大人になってもこの味は美味しいですよね。

只、コンビニやスーパーなどで売っているパンには色んな添加物が入っているのであまり食べたくはありません。
最も子供の頃は親もそんな知識が全然なかったのと、情報が全くなかったので仕方ないといえます。
しかし、現在は添加物は永いこと食べ続けると体に悪影響を与えることが分かっていますので、なるべくなら避けたいものですよね。

そんな意味でもパンを手作りする人が増えてきた要因なのかもしれませんね。
加えてホームベーカリーなどすべてお任せでパンが出来てしまうという何とも有難い機器が出来たのも追い風となっているのかもしれません。

スポンサードリンク

捏ねるのだけ機器に!

ホームベーカリーは結構永く使っていますが、最近は全部最後まで機器にお任せでなく、捏ねるのと1次発酵までやってもらい、後は自分で成型2次発酵、焼きまで行うということをやっています。
パン作りで最も大変な作業である捏ね、ここは機械にやってもらうとすごく楽になります。

ホームベーカリーの役目を果たしていないといえばそうなんですが、そうすることによって、様々なパンに挑戦ができます。
ホームベーカリーだと同じ形の食パンばかりで味気なくなってしまいがちですが、成型を自分ですることによって、食パン以外のパンを作ることが可能になってきます。

ますます、パン作りが面白くなります。
捏ねるといえば、ホームベーカリーだけでなく、ニーダーとかいう機器もあるそうです。これは単に捏ねるだけとなります。
フードプロセッサーもパン羽根が付いているので捏ねるだけなら出来るのです。

でも個人的にはホームベーカリーを一つ持っていても損はないと思います。
何故なら、面倒な時はすべてお任せで食パンが出来てしまうからです。
そして、タイマーを掛けておけば、焼きたてのパンが朝食べられるのですから、これはこれであっても損はありません。

ウインナーローパンを簡単に!

さて、前置きが長くなりましたが、今回のウインナーロールパンの話に移ります。
本来の成型の方法は、ウインナーに生地を細長くして巻きつけていくのが本来のやり方らしいのです。
ですからロングウインナーを使用するのが本来なのでしょう。

コンビニなどで売っているウインナーロールパンって長いですものね。
このウインナーなのですが、これに多くの添加物が入っているのをご存じでしょうか。
かなり危ない材料が添加されているのです。

毎日食べるのではなければ大丈夫だと思いますし、味はとっても美味しいんですよね。
でも子供に食べさせるのは何だか嫌ですよね。まあ、子供だけでなく私達も進んで食べたくはありませんよね。
で、私はウインナーやハムを買う場合は、生協などで添加物が入っていない種類のを買います。

今回使用したウインナーも生協で買った物ですが、ロングは残念ながら販売されていないのです。
最高でも6㎝とかなり小さいウインナーとなってしまいました。
これに生地を巻き付けるなんてう~ん、難しい!

巻き付けず、切れ目を入れる

そこで、巻きつける方法ではなく、切り込みを入れて巻き付いている様に見せるという方法をあるサイトで見つけました。
ごまかしのテクニックですが、すごくいいアイデアだなあと感心してしまいました。
何も細長くした生地を巻き付けなくても、切れ込みを入れた部分を生地に巻き付ければ表からはウインナーロールパンの様に見えるから不思議です。

今回はこのアイデアをもらって作ってみました。

ウインナーロールパン

パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕で焼いています。
パナソニックのホームベーカリー〔SD-BMT1000〕の記事はこちらから

材料と作り方 7個分

材料

強力粉(春よ恋) 100g
全粒粉 50g
砂糖 大1
小1
牛乳 58g
40g
ドライイースト 小1
ウインナー 7個

 

作り方

1.ドライイースト、ウインナー以外をケースに入れます。
2.ドライイーストはイースト容器に入れ、メニュー「20」でスタートします。
3.生地が出来上がったら、取り出します。

4.スケッパーで7等分に切り分けます。

5.丸めます。生地がつるっとするように丸めておきます。

6.ベンチタイムです。生地に濡れ布巾を被せ、15分ほど休ませます。

7.終わったら、ガス抜きをして、麺棒で伸ばします。ウインナーの大きさに合わせて伸ばします。

8.ウインナーを端に置いて、クルクルと一巻きします。

9.残りの生地に切り込みを入れます。3本~4本くらい。

10.一つ一つ巻きつけます。

11.この時、巻き終わりをきちっと閉じておきます。そうしないと、焼いた時、外れてしまいます。

12.全部巻いたら、生地が2倍位になるまで2次発酵します。オーブンの発酵機能を使うと便利ですね。
13.発酵が終わったら、溶き卵を塗って、お好みで真ん中にマヨネーズをのせます。

14.190度に予熱したオーブンで、15分ほど焼きます。焼き終わったら、網の上で冷まします。

ちゃんと巻かなくても結構様になっていますよね。これにお好みでケチャップをかければウインナーロールパンの出来上がりです。
ウインナーは小さいけれど、やっぱり美味しいですね。子供の頃を思い出します。

⇒お菓子、パン作りなら【TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ】

⇒お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です