ネット銀行の魅力


 

51c2717176bd84d1c2a6d59f9ace4fd6_s

マイナス金利時代になって、貯金しても幾らも貯まらないようになってしまいましたね。貯金するのがばかばかしくなってしまいます。
そんな時代にネット銀行は高金利。

ネット銀行とは?

銀行といえば、店舗があって、窓口があって銀行員が親切に対応してくれる。そして通帳、キャッシュカードが発行されます。
「ネット銀行」は建物も通帳もありません。キャシュカードがない所もあります。中には実際に店舗がある所もありますが。
ではどうやって取引をするのか。それはインターネットでやりとりするのです。

インターネットの中で店舗を作り、店舗番号や口座番号を発行するのです。通帳はありません。
いわば仮想銀行のようなものです。ホームベージを持っていますので、情報はそこから得ることになります。
ホームページから、ログインすると、自分の口座情報を見ることができます。入金、出金する時はキャッシュカードを使います。
でもそもそも店舗がないのでキャッシュカードを使う時は、提携しているコンビニ銀行のATMで入金や出金をします。
キャシュカードを発行しない所もあるので、そういう銀行は他行に振り込みをします。

店舗を作らないことや、従業員を雇わなくても良いのでその分金利やその他のサービスにつぎ込むことができるのです。
又、銀行やコンビニが互いに提携を結ぶことで、お客さんはあちこちで入金や出金をすることができるのです。
まさにパソコン時代の画期的な方法ですよね。わざわざ銀行に足を運ばなくても事がすむのですから。

ネット銀行として代表的なものに、楽天銀行、住信SBI銀行、あおぞら銀行、イオン銀行、オリックス銀行、新生銀行、じぶん銀行などがあります。
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

又、同じようにインターネットで取引するインターネットバンキングというのもあります。これはメガ銀行に口座を持っている人がインターネットでやりとりする方法です。
実際に店舗がある銀行でのネットなので、安心感もあることから行っている人も多いのではないでしょうか。
そういう意味ではネット銀行は仮想の店舗なので、何だか心配だと思われる方もいらっしゃるでしょうね。

でもネット銀行も大手のメガ銀行と同じように「預金保護法」が適用されるので、1000万円までは保護されるのです。ですから安心して預けても大丈夫なんです。
むしろ、通帳や店舗がないだけ人件費や建物の維持費などがかからないので、利息がとっても良いのです。
振り込み手数料が無料だったり、ATMが24時間無料だったりメガ銀行にはない魅力があります。

スポンサードリンク

ネット銀行の選び方

では数あるネット銀行からどこを選んだら良いのでしょうか。正直、私も迷っているのですが。
というのも顧客を確保するために、各ネット銀行はいろんな案を出しているからなのです。金利だけみると、メガ銀行より圧倒的に金利は良いので、今までメガ銀行に預けていたなら、どこのネット銀行でもお得といえます。

でもその中でも金利の高さだけでなく、入金や出金のしやすさ、その際の手数料他行に振り込む時の手数料など便利に使うことが出来るかが重要といえます。
なぜなら、店舗を持たない、ATMもないとなれば、入金や出金する際に困ってしまいますよね。
いざとなれば、すぐに出金することが出来なければ銀行としての役目を果たせません。

ad3db87679bade3d85043fb32075d7cd_s

現在ではメガ銀行のATMやコンビニのATMでネット銀行あるいはメガ銀行のキャッシュカードでお金が出金出来るようになりました。
自分の住んでいる近くにどんなATMがあるのかによっても、ネット銀行を選ぶ基準にもなりますよね。
そして、選んだネット銀行が数多くのコンビニや他行のATMを利用できるならばすごく便利だとは思いませんか。

しかも無料で24時間、平日だけでなく土曜日や休日でも無料で利用できるならますます便利ですよね。
その他に資金を移動したい時など、振り込みの手数料が無料というのも魅力的です。
振り込みする時に現金でなく、ネットで移動できるというのもとっても便利だと思います。

多額の金額の場合、現金を移動することでかなりのリスクを伴います。なるべくなら現金の移動は避けたいものです。
そんな時、ネット銀行ならば、パソコンや携帯などで振り込みをすることができるので。しかも時間を選ばずです。
銀行が営業している時間は多くが9時~15時となっていて、月曜から金曜日までです。土曜や日曜日、休日は営業していません。

平日、働いている人にとっては利用する時間がありません。ATMでさえ土曜日や休日は有料だったり、使えなかったりします。
こんな時、終日利用できるATMならとっても便利だと思いますよね。ネット銀行を選ぶ時には自分の生活を考えながら何が必要としているのかを考えて選ぶようにしたらいいと思います。
それは人によって違ってきます。

普段家にいるひとなら、平日に動けるのですから24時間無料でなくても良いでしょう。むしろ金利が高い方を選びたいでしょう。
休日しか家にいないという人は逆に年中無料でATMを使える方がいいですよね。多少金利が低くても。低いといってもメガ銀行よりはいい訳ですし。

私が選んだネット銀行はこれ!

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行

その他、ネット銀行ではないが、利用価値の高いゆうちょ銀行三菱UFJ銀行です。今まで契約していたメガ銀行は近々解約するつもりです。
では選んだネット銀行の利点、欠点を挙げてみますね。どの銀行にも必ず利点と欠点はあります。
でも欠点に目をつぶってもいいという理由があるはずです。

楽天銀行

ここは言わずと知れた大手のネット銀行です。今や楽天を知らない人がいない位有名ですよね。元々楽天カードを持っていて、普段ショッピングに利用していましたから、その流れで楽天銀行に登録しました。まだネット銀行がメジャーでなかった時代に作ったので、このまま使うことにしました。
作った当時、やはりメガ銀行に比べて金利が高いのが魅力でした。ただ入出金がしにくいなあとは思っていました。その頃は郵便局でしか入出金出来なかったのではないでしょうか。
殆ど利用していませんでした。その後、ゆうちょ銀行やコンビニでも入出金が出来るようになり、「ハッピープログラム」というのができました。
ハッピープログラム」というのは、会員になると預けている資産によって、ランクがあり、手数料や他行への振り込みが月に無料になる回数があるのです。
これによって随分便利に使うことができるようになりました。

d2b1900a91486177b62647d6168cbe4f_s

金利は普通預金だと0.02%で、マネーブリッジ預金にすると0.1%になります。又楽天カードの引き落としを楽天銀行にすると、0.04%となります。
色々魅力的な案を出してきますね。
マネーブリッジ預金とは楽天銀行と楽天証券とを結ぶ、要するに楽天証券にも口座を開設するということです。楽天もすごいですよね、色々考えてますねえ。
楽天証券で買う株を楽天銀行から引き落とすことができます。特に株を買わなくても口座は作れますから、両方作って金利を上げるという手もありますよね。

但し、2016年1月より投資のための口座を開設する際には「マイナンバー」の提示が必要となりました。一般の銀行口座を開設する時は「マイナンバー」は必要ありませんが、投資に関する口座開設には必要となります。「マイナンバー」は通知書は来てるけど、登録はしていないという人も多いのではないでしょうか。
そういう私も登録していないのですけど。「マイナンバー」の提示といっても登録していない場合には、通知書でも良いそうです。

口座開設はインターネットで申し込みができ、折り返し申込書が届いたら、「マイナンバー」の登録書や通知書はコピーします。その他に本人確認のコピーが必要です。

楽天銀行

住信SBIネット銀行

ここも有名ですよね。SBI証券は以前口座を開設したので、そこから入って開設すると手間が省けてすんなりいきました。
楽天証券と同じく、インターネットから申し込みが出来ますが、本人確認として、免許証や健康保険証の他に、「マイナンバー」が必要になります。
私がSBI証券の口座を作った時にはまだ「マイナンバー」が実施されていませんから本人確認は一つで済みましたが、現在は二つ必要となります。

ちょっと面倒になりましたね。SBI証券の口座は作らなくても良いのですが、これを作らないと「SBIハイブリッド預金」ができません。
SBIハイブリッド預金」は普通預金より金利が良く、0.015%になります。定期預金でなく、普通預金でこれほど高いのはあまりありません。
ですから住信SBIネット銀行を始めるなら、「SBIハイブリッド預金」にしない手はありません。

で、SBI証券の口座を持っていない場合はまずここから始めることをお勧めします。
感想としては口座開設はすごくややこしいです。ログインやパスワード、ユーザーネームやら取引パスワードやらで混乱してしまいます。
沢山のID、パスワードを登録しなければいけないので、それを考えるのも大変なんですけど、忘れないようにメモっておかなければいけないのでそこも非常に厄介です。

でも初めはちょっと苦労して登録しなければいけませんが、それだけの価値のある銀行だと思います。
金利を考えるならば、決して高いほうではありません。「SBIハイブリッド預金」が良いくらいで、定期預金の金利なんか0.03%ですからね。
とても良いとはいえませんよね。何が良いかといえば使い勝手がすごく良いのです。

キャッシュカードは申し込みの時点では発行されません。開設してからログインして申し込みます。無料で発行してくれます。
このキャッシュカードでイオン銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イーネット、ローソン銀行での入出金が月に2回~15回まで無料でできるのです。
2回~15回というのは、条件次第でランクがあるからなのです。ランクは1~4まであります。
条件が何もないランク1でも入金は無制限、出金は月2回まで無料ですから良いのではないでしょうか。
又、他行への振り込みはこれもランク別になるのですが、何も条件がないランク1でさえ月に1回は無料になっています。

資産によってはランクを上げることができますから、かなり便利に使うことができるといえますね。
ランクが上がれば、ATM無料の回数や他行振り込手数料無料の「回数が多くなります。この他行への振り込み手数料無料というのは案外便利なもので、ネットで資金を移動する手段となります。
わざわざ銀行に出向かなくても家に居ながら振り込むことが出来るのですからこんなに便利なことはありませんよね。

イオン銀行

イオンカードは以前から持っていて、ついこの間イオンG.Gカードに変更したばかりです。

イオンG.Gカードについての記事はこちらから

しかしながらせっかくイオンG.Gカードに変更したにも関わらず、今回イオン銀行の口座を作るにあたって、イオンセレクトカードに再度変更しました。
その理由はイオンセレクトカードがイオンクレジトカードとイオン銀行キャッシュカード、waonカードの3つを合わせ持っているカードだからなのです。
そしてこのカードだとイオン銀行の普通預金の金利が0.12%になります。普通預金がですよ。まるで定期預金並み、いやいや今時定期預金でも0.12%はありえません。
もうこれはぜひ替えるべきだろうということで、申し込みをしました。カードの切り替えを無料でやってくれるので、これもうれしいです。
しかもちゃんとG.Gマークも付いていました。

e975fda9f4663a70b6cb64e2e475f407_s

定期預金の金利は0.1%だから面白いですよね。普通預金の金利の方が高いなんて。多分これはwaonとかクレジットカードで買い物をしてほしいのでしょうね。
定期預金に入れるとどうしても必要な時、引き出せません。普通預金だとたくさん預金してももったいないし。なんて思っていませんか。
そんな人にはもってこいの銀行ですよね。近くにイオンがあるならば、ぜひ作ってみましょう。イオン銀行のATMなら24時間いつでも無料で出し入れできます。

又、ゆうちょ銀行なら平日、土曜日は無料で出し入れできます。但し時間帯があります。唯一欠点なのが、他行への振り込み手数料が有料なことでしょうか。
でもそれを除けばイオンが近くにあるお宅なら作っておいて損はない銀行だと思います。

その他、ネット銀行ではないけれど、ゆうちょ銀行は使い勝手がいいですよね。ATM手数料が平日だけでなく、土曜日、日曜日、休日も無料ですからここは外したくありません。
後、個人的に三菱UFJ銀行もなかなか使い勝手の良い銀行で、銀行のATMは休みの日でも無料で利用できます。
又、コンビニのATMはランク別に無料となる制度がありますから、それを使うのもいいですよ。ここはインターネットバンキングをやっていて、他行宛の振り込みが無料になる制度もあります。

まとめ

このように、ネット銀行は便利で金利も高いですから、現在のゼロ金利とかマイナス金利とか言われている時代にはとても魅力がある銀行なのです。
しかし、インターネットを通して取引を行うことはやはりリスクを考えてしまいますね。それが怖くてできないという人も多いのではないでしょうか。
確かに、ウイルスやパスワードの読み取りなど不正に行われたら、大事な財産を持っていかれてしまいます。
多くのネット銀行はこのような不正取引を防ぐために、パスワードを二重に入力させたり、ワンタイムパスワードなどを導入しています。

91c504818e94aef8c0b78471f17e8ff2_s
ワンタイムパスワードは1回限りのパスワードで、取引の度に変わります。
又パソコンにセキュリティソフトを無料でインストールできるようになっていますから、利用した方が良いでしょう。
このように現在ではネット銀行はセキュリティにも力を入れていますから、安心して使うことができるのです。
現金を持ち歩かない、それは犯罪を防ぐ上でも必要なことです。ネット銀行にアレルギーのある方、こんな便利なものを利用しない手はありません。
そうそう、公的年金を受給している方、ネット銀行でも受け取れるのですよ。以前はネット銀行は受け付けていなかったのですが、可能になったようです。
給料の振り込みもできますので、検討してみてもいいですよね。最も会社によって違うので聞いてからにしてくださいね。


⇒イオンカード(G.Gマーク付)(セレクト)

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です