スマホの充電器を急速に替えてみたら?


スマートフォンをNuAns NEO[Reloaded]の機種に替えてから少しづつハイエンドの良さを体感している所です。

今度は充電器を!

この機種は急速充電に対応しているらしく、クイック3.0が使用できるらしいのです。
クイック3.0といっても、最初は何のことかさっぱり分かりませんでしたが、何でも充電が従来より速く出来るとのこと。
1時間もあれば90%は充電出来てしまうそうです。

確かに充電って普通にするとかなり時間が掛ってしまいます。NuAns NEO[Reloaded]はバッテリーの容量が沢山あるので、年中充電しなくてもいいのですが。
それでも10%くらいになると、充電ランプが赤く付くので充電しなければと思います。
以前の充電器ですと、十分充電するには相当時間が掛りますよね。

以前使用していた機種は急速充電に対応していなかったので、夜、必ず充電していました。そういう人が多いのかも・・・・
でも充電を度々行うと充電池の劣化につながるので、本来は10%くらいになったら充電するのが良いらしいです。
そうはいっても途中でバッテリーが切れてしまったら困りますから、毎晩100%に充電していましたが。

でも、NuAns NEO[Reloaded]に替えてからはバッテリーの持ちが良いのであまり充電することもなくなりました。
使い方にもよりますが、2.3日は持つようです。
だったら、急速充電はいらないのでは? と思いますが、そうではないのです。

先程も言ったようにスマホの充電は年中充電するよりも、十分使い切った状態で充電する方がバッテリーが劣化しないのです。
いずれ、バッテリーは駄目になるので、交換するか、スマホ自体を買い替えるかとなります。
だとしても長く持たせたいですよね。

そのためには、完全に使い切った状態で充電したいものです。
だからといって出かけ先で10%になったからいざ充電しようと思っても中々出来るものではありません。
そんな時、急速充電できると出る準備をしている間にかなり充電できてしまいますからすごく便利なんです。

スポンサードリンク

付属品はクイック2.0

NuAns NEO[Reloaded]の購入時付いてくる付属品に充電ケーブルがありますが、同じ急速でも2.0なので、3.0を使うには新たに充電ケーブルと充電器を用意しなければなりません。
2.0ならば今まで使っていた充電器でOKなんですが、3.0になると充電器も買い替えなくてはならない。
この辺りは何とかならないかと思いますけれどね。

ケーブルもタイプcだと専用のケーブルになりますしね。
SIMフリーで新たにスマホを買い替えた場合は殆どがこのタイプcの充電になるかと思います。
ケーブルだけ替わるならば充電器はそのままでいいのですが、クイック3.0となると出費が増えてしまいます。

せっかく急速、しかも超急速充電に対応している端末にも関わらず、使わないのももったいないですよね。
一度に全部揃えると大変なので、徐々に揃えれば良いかと考え、今回購入してみました。
SIMフリーにすると、通信代がかなり節約できますから、その分を回してもいいですよね。

購入はアマゾンで

NuAns NEO[Reloaded]はQualcomm Quick Charge 3.0という規格に対応しているということなので、その製品をアマゾンで探しました。
私はこういうことには詳しくないので、どれを選んだら良いのかさっぱり分かりませんでしたから。
Anker製品はこういうたぐいの製品は信用があるようなので、アマゾンのレビューとかを読んだりして・・・・

かなりアバウトではありますが、Qualcomm Quick Charge 3.0自体が新しい規格のようで、本当に新製品しか対応していないみたいですね。
さらにSIMフリーの端末だと対応する製品が限られてしまうみたいです。
ならば、なおさらそれを使用してみたいと思ってしまいます。せっかく対応しているんですからね。

PowerPort+ 3 【3ポート 42W QC3.0対応 USB急速充電器】iPhone、Android各種対応 ブラック A2032111

これが充電器です。

一番上の緑色になっている所が急速充電3.0になっています。ここに対応したケーブルで充電します。

一般の充電ケーブルと違って太くなっています。丈夫そうです。電流が沢山流れるからでしょうか。
クイック2.0のケーブルも普通よりはちょっと太さがあります。
ケーブルをしまうケースが一緒に付いていました。

旅行に出かける時などこうやって持っていけますね。

コンセントに差し込む場所です。折り畳めます。ですが、立てて使うので、高さがあります。
ポートが3つあります。全部で4.8Aまで電流が流れます。最大で2.4Aまで流れます。ポートによって電流の強さが違ってきます。
急速充電だけでなく、今までの充電ケーブルももちろん使うことができます。
その時は真ん中と下のポートを使います。

30分もあれば80%は充電できてしまう!

クイック3.0で充電するとあっという間に充電出来てしまいます。それこそ、出かける準備をしている間、80%くらいは充電できてしまうのです。
無くてもどうってことないかもしれないけれど、3.0に対応している端末ならば使わない手はありません。
素早く充電できるとかなり煩わしさがなくなることは確かです。

クイック3.0に対応している端末をお持ちならばぜひ使って体験してみて下さいね。

PowerPort+ 3 【3ポート 42W QC3.0対応 USB急速充電器】iPhone、Android各種対応 ブラック A2032111

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です