1灯提灯ペンダントなら純和風の電球ながら蛍光灯よりも明るい!


和のシェード

和の空間提灯シェードはいい!

ここの所、シェード交換についてのブログが続きますが、今回お勧めするのは、和風のシェードです。やはり日本人なので、”和”は落ち着きますね。

提灯のシェードです。

提灯ペンダント

電球は付いていません。自分で好きな電球を付けられるので、やたら付いていない方が私は好きです。これに我が家は初めLED電球を付けたのですが、その頃、一番明るい電球を付けたにもかかわらず、家族から暗いと。駄目出しをされてしまいました。

それで、電球型蛍光灯をやむなく付けました。1灯だけだから暗いのだと思いますが。白色の蛍光管に比べると、電球は大体暗く感じます。目が慣れないせいもあるんですよね。

又、シェードによっても明るさに違いがあります。電球がむき出しだと明るくなりますが、このように覆われていると少し暗く感じます。

スポンサードリンク

このシェードは和紙で出来ていて、プルスイッチも付いていましたが、じゃまになるので取りはずしました。サイズは30cmの球型ですが、もっと大きいのもあります。コードの長さを選ぶことが出来ます。

引っ掛けシーリングのカバーは付いていません。追加で買うことが出来るので、ついでに購入しました。このカバーがあるのと無いとでは全然違います。 全体がきれいに見えます。このカバーって以外に売っていないんですよね。200円以下で買えるんだけど。売っていない。シェードをきれいに見せるためには あった方がいいです。

この提灯ペンダント、柔らかな明かりで、とっても落ち着きます。

そして、とっても軽いんです。万が一落ちてきてもケガをすることもありません。

夜電気を付けると、

和のシェード

いいでしょう!?

真下から見ると、

提灯のシェード

こんな風になっています。組み立て式になっています。簡単に提灯になりますから、心配は要りません。

和紙だから、拭くことも洗うことも出来ませんが、汚れたり破れたりしたら、シェードだけ交換出来るのです。

このお店のすごい所は交換出来るシェードがあるという所です。

普通は全部買い替えになってしまいますが、ソケットはそのままで、シェードだけ交換出来るのです。エコだと思いませんか!

他にもフロアランプやテーブルランプ、ペンダントなどこのお店で買ったシェードならソケットはそのままで、シェードだけ交換することが出来るのです。

だから、飽きてしまっても違うシェードに替えることが出来るんですよ。

他のお店にはちょっと無いと思いませんか?

後、ランプ付きで選ぶことも出来ます。

このお店、ぜひお勧めします。 〈MARUMITSU オリジナルライティング〉という所です。一度覗いてみてはいかが?

MARUMITSU オリジナルライティング公式サイト

1灯提灯ペンダント<クロス>直径30cm

 

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です