アップルパイに挑戦


焼きたてのアップルパイ、美味しいですよね。作ってみたいと思うけど面倒で・・・・ って思っている方、挑戦してみませんか。

市販のパイシートを使えば手軽に作れる

パイはパンというよりお菓子ですから、ドライイーストを使いません。パイシートというシートで焼く焼き菓子なのです。
このパイシートが美味しさを作っているんです。
なぜなら、パイシートはバターがたっぷり入っていて焼くことで香ばしい味を出すからなのです。

パイシートは手作りする方法もありますが、シートから作っているとそれこそ手間と時間がかかって、ますます面倒になってしまいます。
そこで、冷凍パイシートを使って手軽にいろいろなパイを焼くことが出来ます。
冷凍なので、予め多めに買って置けばいつでも食べたい時にパイが食べられるという訳です。

注意することは、パイシートは作る少し前に常温に戻す程度で完全に戻してしまっては反ってやりにくくなります。
5分位前に捏ね板におけば、伸ばしている間に段々戻ってきます。
という私はパイは面倒で作るのが嫌な方なのですが、アップルパイが食べたくて今回挑戦してみました。

⇒〈冷凍〉パイシート10cm×10cm(30枚入)

スポンサードリンク

材料と作り方

材料

 

りんご(紅玉など)2個
 レモン汁大2
 砂糖80g
 冷凍パイシート2枚
卵黄卵1個分

作り方

1.リンゴを16分の1にカットして、塩少々入れた水に浸します。

 


2.砂糖とレモン汁を入れ、混ぜて火にかけます。
3.コトコトと煮て、水分を飛ばします。
4.リンゴ煮は形を少し残して煮た方がアップルパイらしくなります。私はちょっと煮過ぎて形が残らなくなってしまいましたが・・・・
5.適度に煮たら冷まします。
6.冷凍してあったパイシートを室内に戻しておきます。
7.パイシートを伸ばします。タルト型の皿を用意して、サイズより少し大きくなるように伸ばします。
1枚が10㎝角なので、2枚使い端を水少々つけてつなげます。

8.タルト皿に置きます。

9.余分な所は切り取ります。
10.リンゴをのせます。これはちょっと煮過ぎです。もう少し手前で形を残すことをお勧めします。

11.残りのパイシートを細長く切って網目になるようにのせます。

 

12.周囲ものせます。卵黄を刷毛で塗ります。
13.オーブンを200℃に予熱します。予熱が終わったら10分焼いて、180℃に下げて再び10分位焼きます。

出来ました!美味しそうですね。熱々を食べられるのがいいですよね。

シートが余ってしまった場合は?

中途半端にシートが余ったら、カップにシチューを入れて、その上にシートをのせてオーブンで焼きます。
パイシチューが出来上がります。寒い日に美味しいですよ!

⇒お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です