ちぎりパン【ホームベーカリーを使って】


chigiripan6

これって何でしょう? 面白いパンでしょう! ちぎりパンといいます。

いろんな味が楽しめる!

人間とは贅沢な生き物で、一つのパンだけでなく、いろんな味を食べたいという欲求がありますよね。
あんぱんも食べたいし、カレーパンも食べたいし、ウインナーが入ったパンもいいなあとか、あれこれを少しずつ食べたいと思うことがありませんか。
そんな人にお勧めなのが今回のちぎりパンなのです。
中に入れる具材は自由です。ただし水気があってはダメです。カレーも良く煮詰めたもの、ツナは良く水気を取ってから入れます。

本来はパン生地を作ってから、幾つかに分けて具材を入れ、又まとめて容器に入れてオーブンで焼くという手順になります。
それをホームベーカリーですべてやってしまおうというのが今回のちぎりパンなのです。
多少忙しいですが、一つの機器で焼けるので片付けも非常に楽なんです。

一度取り出した生地に具材を詰めて、又ケースに戻して焼くと、小さなパンどうしがくっついて一つのパンが出来上がるのです。
このパンをちぎって少しずつ食べるからちぎりパンというのでしょうね。何が入っているかはちぎって食べてみないと分からない、というのも面白いですよね。
少しずついろんなパンが楽しめるということなのです。

工夫次第ではちょっとしたパーティなどでも出せそうです。
さてそんな楽しいちぎりパンを作ってみました。

スポンサードリンク

ちぎりパン

材料と作り方

材料

強力粉200g
バター35g
砂糖大1
スキムミルク大1
小3/4
1/2個
冷水100g
ドライイースト小1 1/4
具材12個分

*具材は自由ですが、今回は練りあん、ダイダイジャム、チーズを使いました。家にある身近な具材で良いと思います。

chigiripan2

作り方

1.パン生地を作ります。ドライイースト以外をケースに入れる。
2.ドライイーストはイースト容器に入れ、メニュー「20」でスタート。
3.約1時間後、生地が出来上がります。すぐに取り出します。取り消しは押しません。
4.取り出した生地をスケーッパーで12個に分けます。

chigiripan3

5.1個ずつ丸めて中に具材を入れます。この間、15分位で作業します。

chigiripan4

6.こんな風に具材を詰めます。詰めたら又丸めて12個をまとめてケースに戻します。

chigiripan5

詰め方によっては出来上がりの形が変わってきます。それはそれで良いとは思いますが。
7.再度スタートボタンを押します。
8.出来上がりです。

chigiripan6

面白い形ですねえ。これをちぎって食べるのです。

chigiripan7

中から種類の違う具材が出てきて、少しずついろんなパンが楽しめるということです。見た目には誰かが食べ散らかしたようにも見えてしまいますよね。
でも同じ具材のパンだけだと飽きてしまうので、こんなパンも良いのではないでしょうか。小さな子供さんがいる家庭では面白いのでは?

パナソニック ホームベーカリー 1斤タイプ ブラウン SD-BMT1000-T

⇒お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です