ピザの生地はホームベーカリーで


3自前のピザはトッピングも自由。

生地を作るのはそんなに大変ではない

食パンと違って生地を作って伸ばしてトッピングして焼く。生地さえ作ればそれ程大変な作業ではありません。
それに外で食べたり、スーパーで売っているピザとは一味違い、自由自在です。
トッピングだって自由。何を入れてもいいし、チーズをたっぷり入れることも出来ます。何より焼き立てをすぐに食べられる。

生地だけ前の日に作って冷蔵庫で保存

本来生地を作ってその日に焼いて食べるのが一番いいのですけど、時間がないし・・・・
という時には生地だけ作っておいて、冷蔵庫に入れておくのです。そうすると発酵が止まるから翌日トッピングして焼くことが出来ます。
ただし、生地がくっ付かないようにお皿にオーブンシートを敷いて生地を乗せ、上にもオーブンシートを置いて、サランラップして冷蔵庫にしまっておきます。二枚ある時は生地同士がくっ付かない様にしなければいけません。

生地を作ろう

材料(25cmのピザ2枚ぶん)

強力粉 280g
バター 15g
砂糖 大1
スキムミルク 大1
小1
水(室温25℃以上の時は冷水で) 180ml
ドライイースト 小1

作り方
1.ドライイースト以外
の材料をケースに入れる。
2.イースト容器にドライイーストを入れる。
3.メニュー「21」を押してスタート。
4.時間は45分。あっという間に出来てしまいます。その間に生地を広げる台や、スケッパー、打ち粉を用意しておきます。
5.生地が出来たら、スケッパーで半分に切り丸めておく。

1

6.ふきん又はサランラップをかけて、10分~20分ベンチタイム。
7.打ち粉をふった台に置いて直径25cmに伸ばす。

28.すぐに焼く場合はフォークで穴を開け、ピザソースを塗り、好きな具材を載せて、チーズをかけ、オーブンで焼く。オーブンは予め180℃~200℃に予熱しておく。予熱が終わったら15分ほど焼けば出来上がり。

4
9.すぐに焼かない場合は皿にオーブンシートを敷いて生地を置き、さらにシートをかける。その上からサランラップでくるんで冷蔵庫で保存しておく。
10.翌日トッピングをして上記のようにオーブンで焼く。

ピザの生地が美味しい!

店で食べるのと変わらないくらい生地は美味しいです。トッピングは家にあった有り合わせのもので済ませたため、全然豪華ではありません。
でも生地が美味しいのとチーズをたっぷりかけたので美味しく出来ました。ピザソースが無かったのでケチャップで代用してしまいましたが。
トッピングにエビや帆立などを使えばきっと美味しくなるのでは。
今回は鶏肉、たまねぎ、ピーマンで作りましたが、それでもすごく美味しく食べることができました。

スポンサードリンク

ピザについて

イタリア語でpizzaといい、小麦粉、水、塩、イースト、砂糖、オリーブ油を混ぜて捏ね、発酵させた生地を伸ばし、具を載せて焼く食品のことです。
原産地はもちろんイタリアで、元々「フォカッチャ」と呼ばれる丸いパンに具を載せて食べることが行われてきました。それが現在のピザの原型であるといわれています。
しかし、「フォカッチャ」が出現する以前、エジプトでも丸型のパンに具材を載せて焼くという手法がありため原型はエジプトではないかという説もあるそうです。
現在のピザとして確立したのが、1760年頃、イタリアのナポリで薄く伸ばした生地にトマトスースを塗り、具を載せて焼いたのが始まりだといわれています。
19世紀末にはイタリアの移民がアメリカにピザを持ち込み、ホットドックやハンバーガーと並ぶ国民的な食品となっていきました。
日本にピザがお目見えしたのは第二次世界大戦中、神戸港でイタリア海軍の船に乗船していた乗組員が持って来たとされています。
その後、兵庫県宝塚市の温泉街のイタリア料理のレストランでピザが焼かれていました。ピザハウスが出来たのは1954年、進駐軍のギャングが六本木に「ニコラス」というピザハウスが出来、若者に人気となりました。
1964年にはアメリカより冷凍ピザも入ってきて、スーパーマーケットでも手軽にピザが買えるようになってきました。
現在では皆さんもご存知の通り、アメリカ式の「シェーキーズ」や「宅配ピザ」、ファミレスなどでも簡単にピザが食べられるようになりました。

イタリアとアメリカでは食べ方が違う

私たちは普通ピザを食べる時、ピザカッターで切り分けて、手で食べますよね。
イタリアは1枚分が1人前であり、ナイフ、フォークを使って食べるんだそうです。一方アメリカは日本と同じく切り分けて手で食べます。
日本がアメリカのまねをしたのでしょうけど。
そして、上にかける香辛料もイタリアはトウガラシ、オリーブ油で、アメリカは乾燥トウガラシであるクラッシュト・ペッパーを、日本はタバスコをかけるなどお国によって違います。

 

ネットで注文ピザーラ

⇒お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

1 comment for “ピザの生地はホームベーカリーで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です