こんなパンも出来てしまう!ココア入りマーブルパン


4
マーブルパンはこの機種で作ってみたかったパンの一つなんです。

まるでお店で売っているようなパン!

普通マーブルパンを作るには、シート(チョコレートシートなど)という素材を使ってクロワッサンのように生地に重ねて作らなければいけないはず。かなり面倒な作業です。
それがホームベーカリーで成型なしで出来てしまうのだからビックリです。技術の進歩に驚きです。
この機種を買ったら絶対マーブルパンは作りたいと思っていました。
お店で販売しているマーブルパンを見ると、美味しそうでつい買ってしまったりしてましたから。
でももう買わなくても自分でいつでも好きな材料を入れて作れます。ここがホームベーカリーの良い所ですよね。

スポンサードリンク

ココア入りのマーブルパン

ココアが残っていたのでこれを使って作ってみました。
材料

強力粉250g
砂糖大2 2/1
小1
スキムミルク大1
バター10g
ドライイースト小1
水(室温25℃以上の時は冷水にして10ml減らす)180ml
後入れ
ココアパウダー(砂糖なし)10g
小1

作り方
1.
予めココアを水で溶いておく。

1
2.ケースにドライイーストココア以外の材料を入れる。
3.メニュー「14」でスタートを押す。
4.材料を入れる時間が近づくと音で知らせてくれるので、蓋を開けてココアを入れます。

25.再度スタートを押せばOK。

出来上がったのはこれ。

3外側は普通の食パンですね。きれいな形に仕上がりました。

4切るとちゃんとマーブルパンになっています。まるでお店で買ってきたように出来上がりました。すごいですね!
どうやったらこんな風に渦巻きに出来るんでしょうね。しかも食べると柔らかくてすごく美味しいんですよ。

マーブルってどう言う意味?

でもマーブルって一体何? マーブルパンと聞いて最初なんだろうと思いました。
「マーブルチョコレレ-ト」ってありますよね。今でもあるのでしょうか。
昔、上原ゆかりちゃんがCMで「マーブル、マーブル、チョレコレート!」って歌っていました。若い人は分からないかも知れませんね。
流行ってたんです、このチョコレートが。ちょうど大理石の模様の様に色んな色と模様が入り混じっているチョコレートなんですけどね。懐かしい!
そういう模様をマーブルって言うんだそうです。
で、大理石のようだからマーブルパンと言うらしいです。そんな風に見えますか?

お土産にもいい

ちょっと親しい人だったらお土産としてあげてもいいと思います。私も実家に行った時に弟のお嫁さんに持って行きました。
作ったと言ったらビックリしてましたよ。殆ど機械がやってくれたんですけどね。
中身を替えて色んなマーブルパンが出来そうです。
今回はココアで作りましたけど、インスタントコーヒーでも出来ます。その時は溶かずにそのまま使います。
ただ、後入れにします。最初に入れてしまうと、全部混ざって模様が付かないのでしょう。
ちなみにコーヒー豆を挽いたものは使えません。ココアの様に溶けば使えるのかもしれません。
抹茶やゴマなどもペースト状にしてから流し入れるようです。模様もその時々で変わってくるようです。面白いですね。

 

パナソニック【SD-BMT1000-T】ホームベーカリー(1斤タイプ)ブラウン

 

⇒お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

4 comments for “こんなパンも出来てしまう!ココア入りマーブルパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です