災害に備えて


災害は突然やってくる!

東日本大地震や阪神地震のように、大地震はある日突然やってきます。
南海トラフはもう前々から「いつ来てもおかしくない!」などと言われていますよね。
今は平和な毎日を過ごしていますが、本当に災害は突然やってくるのです。

災害は自然なものなので、防ぎようがありませんが、前もって準備することは出来るはずです。
災害用品の中でも食に関するものは、特に重要です。
ライフラインが復活するまでは時間がかかります。

最低3日間の食料は各自で揃えておきたいですよね。3日で足りるとは思いませんが。
最低です。出来れば1週間くらいは準備したいですよね。

スポンサードリンク

家がつぶれなかった時のために

これはあくまでも自分の家が無事だった時の準備です。
家がつぶれてしまったら、もうどうしようもありません。公共のお世話になるしかありませんからね。
自分の家が何とか住めそうなら、ライフラインが復活するまで、自分たちで生きていきたいですものね。

3年を目安に

生きていくのに最も大事な食料は普段から多めに準備しておくことも必要ですよね。
例えば、乾麺とか、菓子パンお菓子など。
でもそれだけでは十分な栄養が摂れません。

しかも家族の分量となると、あっという間に無くなってしまうでしょう。
水と食料は一番大事ですからね。
今は通販で保存食が手に入りますから、予め用意しておくのが良いと思います。

いざ、災害になると、通販でも手に入りにくくなってしまいます。現地はもちろんのこと、そうでない地域でもそのしわ寄せがよってきます。
まだ平和な時にこそ、揃えておくのです。

保存食は永くもちますが、3年とか5年が限度です。水など1年しか保存がきかないものもありますから、常にチェックしなければなりません。
パソコンなどで、記録しておき、買い替えていくのが良いでしょうね。

期限がきたら、消化して又追加する

我が家も3年前に買った保存食の消費期限がやってきたので、自分たちで食べたり、子供にあげたりして、消化しました。
でもこれって、大きな災害が無かったということなので、とっても良いことなのですけどね。
意外と消化するのは大変なんです。正直、あまり美味しいものでもないし・・・・

3年前より進歩して美味しそうな保存食もある

保存食って一般的に美味しくないイメージですよね。特にアルファ米とか乾パンなど、とてもじゃないけど美味しいとは思いません。
でも食料がなければ仕方ないですよね。お腹すくよりましだし。
と思いきや、昨今では保存食も工夫され始めてきたらしく、3年前より増えてきました。

ご飯だけでなく、おかずもあったりするので、災害時でも豊かに食べられそうです。
何でも美味しいものが手に入る現代では乾パンやアルファ米だけでは寂しいですよね。

今回は副菜やパンも購入

アルファ米は水やお湯を入れれば白いご飯、炊き込みご飯が食べられるのでこれは必要ですよね。
種類も3年前に比べると増えてきました。飽きるので色々な種類があるといいですよね。


それに加えて、おかずになる副菜も保存食としてあるのを見つけました。

 

これは防災食2人分の3日分ですが、お粥、おかず、ラーメンがセットになっています。
おかずも、ハンバーグやさばの味噌煮、筑前煮が入っています。それで5年ももつんですよ。

 

きれいに段ボール箱に収納してあるので、崩さないようにしまっておきました。箱の外側に消費期限も書いてあるので、すごく便利ですよね。このまましまっておけます。

アルファ米だけだと味にバラエティがなくて飽きてしまいますが、これなら普段の食事と変わりなく食べられるような気がします。

これは、「缶deボローニャパンの缶詰」という缶詰の中にパンが入っています。
3年間もつんだそうです。中にはボローニャパンというデニッシュパンが入っています。
デニッシュパンはバターがたっぷりと入ったサクサクしたちょっとクロワッサンに似た味ですよね。

もちろん、このボローニャパンはまだ味見をしていませんから美味しいのかそうでないのか分かりませんが。
でも写真を見た限りでは美味しそうです。12缶で4800円とちょっと高いですけれど、災害の時にふと豊かにさせてくれるような食料なので購入してみました。

何事もなければ、3年後には食べられるということですから。

箱にきれいに入っているのでこのまま収納しておきます。

缶の底に消費期限が書いてあります。3年間です。食べてみたい衝動にかられますが、ここは我慢しましょう。

 

 

人はある程度落ち着くといろんな物が食べたくなってしまいます。それだけ現在の生活は便利で豊であるということなんですがね。
特に食料はたくさんあるに越したことはないですよね。多く用意しておいた方がいいですよね。

トイレも重要!

災害があると、食料だけでなく、排出のことも考えなければいけません。
案外これは見落としがちで、私もトイレに関しては重視していませんでした。
でも災害時はトイレも使えなくなるかもしれませんよね。

水が流せなくなれば、水洗ですから大変なことになります。今回初めて自宅で水洗が使用できなくなった時のために購入しました。
便器に袋をかぶせて固めるという物です。
汚物を入れる袋が2重になっていて、しかも防臭が施されているらしいのです。

50枚入っているので2つ購入しました。家族分だと多く必要ですからね。
これは10年間有効らしいので、置いておけば安心ですよね。

取りあえずは今回これだけ購入しましたが、日ごろから蓄えておくのも一つの手かもしれませんね。
いざとなると、店に何も無くなってしまいますからね。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット

 

尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類 )

 

調理不要!美味しい防災食セット-18食入り 2人で約3日分

 

おいしい非常食 缶deボローニャ 12缶箱入セット プレーン メープル チョコ

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です