やってみると易しい網戸の張替


amido12

新緑がまぶしい気持ちの良い季節がやってきましたね。でも主婦はやらなければいけないことが・・・・・

本格的な夏が来る前に!

そうです。気持ちの良い季節に浮かれてはいられないのが主婦です。もうすぐあつ~い夏がやってくるのです。
エアコンをかければいいや!なんていってはいけません。地球の環境のためにもなるべくならエアコンを使わずに、自然な風を取り入れて過ごしたいものですね。
住宅環境によってはどうしてもエアコンを使わずにいられない人は仕方ありませんが。

新鮮な空気と風が通りやすいような環境を作らなければなりません。
そのためには、まず網戸。夏は網戸にしておくだけでも涼しい風が入ってきます。
でも網戸が汚れていると・・・・・   風は全然通りませんから当然暑くてどうしようもありませんよね。

そこで、網戸の掃除が重要になってきます。網戸の掃除って暮れに行うものだと思っていませんか?
暮れに行う掃除は大掃除の一環であって、特に網戸の重要性を考えて行っていません。なぜなら寒い時期に網戸はあまり活用しないからなのです。
ですから、暮れの網戸の掃除はあまり意味がないといえます。もっとも一年の暮れに大掃除をして新年を迎えるという意味では良い習慣なのですが。

暮れになるとよく網戸を外で洗っている風景をみますが、寒いのにわざわざ今? なあんて思ってしまいます。
で、我が家では暮れには網戸は外さず、拭き掃除だけです。
その代り夏が来るちょうど今頃に網戸の掃除をします。その方が寒くないので外で洗うことが出来るからなんです。

スポンサードリンク

破れた網戸は張替を

何回も網戸を洗っていると網目が弱って小さな穴が開いてしまいます。こうなったら洗うというより張替をした方がきれいですし、虫も入ってきません。
網戸の張替というと、何だか面倒だなんて思いませんか。
でもやってみると案外易しいんですよ。少しぐらいヘタでも機能さえしていればいい、と考えればいいのです。

プロに張り替えてもらえばすごくきれいになりますが、一枚2000円くらいしてしまいます。自分で張り替えればその3分の1くらいで出来てしまいます。
網とゴム、道具さえあれば出来るのですから。これらはホームセンターに行けば簡単に手に入ります。
張り方もネットで調べれば動画で教えてくれますし、便利な世の中になっているんですから、後は手間暇を惜しまなければ出来るのです。

我が家でもくたびれた網戸を張り替えることにしましたので、参考になさってくださいね。

網戸を張り替える

まずはホームセンターに行って、材料を揃えます。網戸用の網とゴム、それに張るための道具を揃えます。

amido2

こんな風にが売っています。網にも種類があります。網目が荒いのや細かいのなど。幾つかありますから目的にあった網目を選びます。
我が家は虫除けですからやや細かい目のポピュラーな24メッシュにしました。

amido5

サイズも色々ありますから、注意してください。これは掃き出し窓用の91センチ幅2メートルです。又、色も何種類かあります。
最近は黒い網が流行らしいです。外から家の中が見えずらく、中からは外が見えるようになっているそうです。より日光を遮るという効果もあるんでしょうね。
ただ、新築ならともかく、一か所だけ黒というのも可笑しなことになってしまうので、前と同じグレイにしましたが。

次にゴム。網を抑えるのに必要なゴムです。これは選ぶのに慎重にした方が良いです。細いとすぐ浮いてしまいますし、太すぎるのも今度は入れるのに苦労してしまいます。
張替前のゴムはピッチリしていると細くなっていますから、きちんと測って選んだ方がいいと思います。
店頭には自由に持ち帰りが出来るように小さなゴムが置いてあったりしますので、幾つか持って帰って当ててみてもいいかもしれません。

少し太いくらいの方が浮いてこないので細すぎるよりは太い方がいいみたいですよ。3種類くらいあるみたいで、3.5ミリ、4.5ミリ、5.5ミリとか。

amido4

我が家のは4.5ミリ、長さも考えて。作業していて足りなかったなんて嫌ですからね。余裕をもって買った方がいいですね。
後、道具も大事です。今は便利な道具が用意されていますから、これらを使えば素人でも簡単に張替が出来るのです。

amido3

面白い形をしているでしょう。この二つはスムーズに作業をするためには欠かせません。左の青いのがゴムを入れるローラーです。尖った方で角にゴムを押し込みます。
そして丸っこいのがゴムを直線に押し込んでいくものです。
右の変な形をしている物は、カッターです。スプーンの様な所に刃が付いていて、網をカットしていきます。この刃は取り換えることが出来ます。
切れなくなったら取り換えます。刃だけ売っています。

さあ、これだけ用意できれば後はやるのみ。

実際に張り替えてみました

ところで、張替はどこでしましょうか。外で?家の中で? これが一番困りますよね。網戸を張り替えるのに十分なスペースがない!
外といっても庭に十分なスペースがなければいけませんし、日が当たって暑いし。
結局、家の中ですることにしました。和室の6畳間です。お正月に大勢集まった時に使う大きなテーブルがあるのですが、一年に一回しか使わないこのテーブル。

これを使えば楽に張替が出来そうです。傷が付くと嫌なので上に要らない毛布を敷いて張り替えることにしました。

amido6

下のオレンジ色の毛布です。この上に網戸を乗せます。網戸は窓から外して古い網とゴムを取ってから枠を雑巾で拭きましょう。
古いゴムはドライバーなどで押し上げると簡単に取れます。埃が出ますからこの作業は外で行った方が良さそうです。
又、外す時、ネジを緩めると思いますが、一旦網戸を外したらネジを軽く締めておくことを忘れずに。作業をしている時に失くしやすいので要注意です。

こうして準備ができたらいよいよ張り替えていきます。

網戸の張り替え方

まず買ってきた網を上に置きます。この時、上下、左右の余り分が同じくらいになるようにします。

amido8

これは掃き出し窓ですが、我が家のサッシは真ん中に溝があってゴムを張るようになっています。後から気がついたことですが、一枚の網を均等に置くと長さがギリギリになってしまいます。
ゴムを入れていくと引っ張られるので幾ら余裕をもって置いても足りなくなってしまいます。
初めてだったので、このことに気がつかず、均等に置いて作業を進めてしまいました。
均等でなく、ほぼギリギリの状態で置いて行った方が上手くいくと思いますので、この点に気をつけて進めてくださいね。

又、真ん中にゴムを入れるサッシの場合は、上下に分けて行った方が網が足りなくなってしまったということが防げるかもしれません。
2メートルあるから大丈夫などとタカをくくっていると最後にギリギリで足りなくなってしまいます。
失敗したら網を切らなければもう一度はがしてやり直せますが、あまりきれいなものではありません。ヘタをすると、網を破ってしまいますから注意してくださいね。

さて、網を配置したら、ローラーでゴムを入れていきます。初めは角の尖っている方を使って押し込みます。サッシの角は少し力を入れて押し込みます。

amido10

 

amido9

角をちゃんと押し込むと後はスムーズにいきます。

amido11

今度はローラーを使ってゴムを押し込みます。この時に網が引っ張られるのです。掃き出し窓でない場合はたっぷり余りますから気にしなくても大丈夫です。
この調子でどんどん入れていきます。角にきたら、先ほどのように反対側でよく押し込みます。

 

全部ゴムを入れたらカッターで余分な網を切ります。

amido13

四隅に切れ込みを入れます。

amido14

カッターを当てて切ります。網を片手で引っ張るようにするとすっと切れます。刃は良く切れるのに換えておきます。この刃、取り換えられるんですよ。
ちゃんと替え刃も売っています。刃が錆びているときれいに切れませんから、ここはケチらずに新品と取り換えましょう。

amido15

気持ちいいくらいスッスッと切れます。やり直す時は切る前に行ってくださいね。でも丁寧にゴムを外さないと後がきれいになりません。
さあ、これで出来上がりました。後は窓に取り付けて、ネジで締めれば終わりです。

プロではないから上手に出来なくてもいい!

そう、プロではないのです。素人がするのだから完璧に出来なくてもいいんです。要は虫が入って来ない、穴が開いていない網戸ならいいのです。
少しぐらいたわんでしまっても網目が真っすぐになっていなくても問題ありません。網戸の役目さえすれば良いではありませんか。
業者に頼めばとっても高くついてしまいます。それを3分の1、もしくは4分の1で出来上がるのですから。

ある程度のことは目をつぶりましょう。何度も作業する内には慣れて上手になるでしょう。
元々、家の修理というのは自分でやるもの。どうしても出来ないことは業者にやってもらうのです。DIYとはそういうものなのです。

暑い夏が来る前に網戸の掃除張替を気候の良い今の時期にやってしまいましょう。今なら体を動かしても大変ではないですからね。
涼しい風がお部屋に入ってくること間違いなしです。

 

網戸 張替用防虫網 極細タイプ 91cm x 2m

網戸の張り替えならイエコマ

スポンサードリンク

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です